どもりの原因は複数あり、自分に合う改善を探す

どもりの原因と治し方

言葉が出ない、詰まるなど「どもる」原因はいくつも種類があります。

 

脳の神経系の問題、心理的な問題、筋肉反応の問題、聴覚の問題、遺伝的な問題などが挙げられます。

 

一つの原因ではないので、よく「どもりの原因はわからない」という言われ方をします。
また、人それぞれその複数の原因が存在する可能性も高いです。

 

そのため普通の病気のように原因を特定して治療するとうやり方で治していくのは難しいと言われています。

 

ですので、初めての吃音治療で直に治るという人は少ないです。
どもりを治った人はいろんな治療を試してみた経験がある人がほとんどです。

 

諦めずにどもりを治そうと思った人でないと、本当に克服するのは難しいと言えます。

 

ですので、本気で治したいならいろいろなどもりの治療を試していく必要があるでしょう。

 

どもりの原因は・・・と考えるよりもとりあえず、何かどもりを改善するためのアクションを一つでも起こして自分の状態の変化を確かめてみましょう。

 

考えるよりも、最低1ヶ月、2ヶ月、どもりの改善にむけて訓練していきましょう。

 

これがどもりの本当の原因だとうものは現在の研究で判明はしていませんが、
どもりを克服した人はたくさんいます。

 

そのほとんどが(幼児のどもり以外)自然には治ることはなく、
努力の上で改善、克服をしています。

 

どもりの治療は高額なものが多いのでまずは、このサイトでも記載していますが、
一般的などもり改善の手法などでまずはしばらく試してみましょう。

 

どもりが治らない人というのは、「圧倒的に治す努力が足りない」
「偏った手法しかしていない」とう人が大半になります。

 

もし行った治療があなたに合わなくても、その他の治療が合う場合もあります。

 

人それぞれどもりの原因となっているものは違うので諦めずにいろいろ試してみましょう。